読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政宗九の視点Blog

ミステリなどの本について、またAKB48(というか主にHKT48)について書いていく予定です

2014/7/13 HKT48アリーナツアー福岡公演(海の中道海浜公園)参戦記録

2014年7月13日 17:05~20:30 海の中道海浜公園HKT48アリーナツアー~可愛い子にはもっと旅をさせよ~」
出演メンバー:HKT48全員
※骨折により療養中の岡田栞奈は「僕の打ち上げ花火」などごく一部に出演
※ゲスト出演:内田裕也

 

もう一週間以上経ちましたが、備忘録としていくつか、主に周辺情報をまとめておきます。


追加公演として用意されていた7/11(金)は台風接近に伴い中止に。過去最大級、という前情報があったので中止は妥当な判断だと思いましたが、思ったほど接近せず、しかも勢力がかなり弱ったため、11日は結果的には晴れてしまいました。そして13日の方が雨が降るという皮肉なことに。ただ、11日は蒸し暑くて倒れる人も続出した可能性があったかも知れないので、むしを13日の天候の方が過ごしやすくて良かったです。奇跡的に、公演中はほとんど雨が降らなかったため、いい風も吹いて快適でした。足場はめちゃくちゃ悪かったですが。

現地入りしたのは午後3時すぎ。矢吹奈子さんが合羽を配っている」という情報がありましたが、私が入場した時には栗原紗英さんが合羽を、山内祐奈さんが飴を配っていました。道中でも配り担当として向かっていた岩花詩乃さんに遭遇、声を掛けたら手を振ってくれました。入場時こそ荷物検査や金属探知機で物々しい警戒態勢でしたが、結構緩い感じだなあと思いました。

九州ツアーDVD-BOXの先行受け取りを予約していたので、受け取りに行って缶バッジの掴み取りもやりました。当たりが1個出たので、(一瞬宮脇咲良さんと迷いましたが)本村碧唯さんのを貰いました(下の写真参照)。10個以上取ったら10個まで選択できました。さらにサービスで3個貰いましたが、写真はなぜが10個ですねww
開演まで、メンバーによるラジオ放送もあり、待ち時間を飽きさせない工夫も感じられました。

f:id:mmmichy:20140723233337p:plain

ライブそのものは、「楽しかった!」の一言に尽きます。
残念ながらCブロックの最後列で舞台からは基本的に遠かったのですが、サブステージは割と近かったし、最後列だった分、広く場所が使えて視界も結構良かったです。後ろの通路をメンバーが通ってくれれば最高だったのですが、それはありませんでした。
全体的に遠めだったので、パフォーマンスなどでの特別な感想はありませんが、田島芽瑠さん、朝長美桜さん、宮脇咲良さん、兒玉遥さんなどの主力メンの八面六臂の活躍は、むしろ覚えることが多くて大変だったろうなあと思わされました。
この日の公演は珍しく、サプライズなしに終わりました。4thシングルの発表くらいはあるのでは、と思ってましたが……中止になった11日に「全国ツアー」を発表する予定
だったのでしょう。13日には指原莉乃さんと内田裕也のデュエット曲「シェキナベイビー」の初披露があり、これが事実上のサプライズでした。おかげでニュースはほとんどこの話題でしたが。

3時間半の長丁場でしたが、個人的には全く飽きませんでした。恐らく11日だけで披露する予定だった曲を全部もってきた分、長くなったのではないでしょうか。実際にメンバーの投稿などから、「向日葵」は11日で披露する予定だったことが分かっています。

「白雪姫」寸劇はまさかの展開と意外なメンバーの芸達者ぶり、そして相変わらずの朝長さんの棒読みぶりが最高でした。中でも“鏡”役の秋吉優花さんの絶妙な台詞遣いと「夢の河」のアカペラ披露には驚かされました。この劇中で披露される「森へ行こう」という曲(「変なおじさん」風の振り付けで、指原さんが「なこちゃん、この振り合ってるの?」と訊いたら矢吹奈子さんが「うん、合ってるよ!」と答えてた時の曲)はこのツアーで初めて知りましたが、隠れ名曲ですね。あと、祭り風の「恋のお縄」が最高でした。パチンコ用(チームZ)だった楽曲ですね。

終了が20時半で、規制退場もあったため、シャトルバスの乗り場までさらに1時間かかるという想定外の事態に見舞われたことが、この日のほぼ唯一の課題でしょうか。私は泊まりにしていたので問題はなかったのですが、遠方から日帰りの予定だった人の多くは帰れなくて困ったのではなかったでしょうか。

次は全国ツアーがあるのでさらに楽しみが増えました。もっとも、現在発表されている会場は、福岡を除いては遠征に不向きなところばかりです。石川くらいは行ってみようかなあ、というところです。