読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政宗九の視点Blog

ミステリなどの本について、またAKB48(というか主にHKT48)について書いていく予定です

2014年3月後半~5月前半のヲタ活総括(SSAコンサート、握手会など)

前回の更新から2ヶ月近く経ってしまいました。この間のヲタ活を簡単にまとめておきます。

・3/21 HKT48九州7県ツアー 福岡公演(夜)※映画館鑑賞
九州ツアーの現地参戦は大分(昼)と長崎(夜)だけになりました。千秋楽の福岡には何としても行きたかったのですが、チケットが取れなかったため、広島の映画館での鑑賞になりました。
映画館で見ると、やっぱり現場の方が遥かにいいと実感しますね。アップで見られるので細かい表情が楽しめますが、ライブ感は残念ながら感じられません。
公演ごとにメンバーが増殖した寸劇「マジやけん学園」はボス田中が登場し、さらに秋吉ちゃんがそのボスを操る真の「ラスボス」として登場。なるほどと思いました。

この公演にて、九州ツアーの延長としてのアリーナツアーが発表されました。またアンコールではグループ総支配人の茅野しのぶさんが登場して研究生4名の昇格が発表されました。今までにも書いたことがありますが、特に伊藤来笑さん・上野遥さんはここまで昇格できなかったのが本当に不思議だったので、自分のことのように嬉しかったですね。


・4/5 AKBグループ春コン・HKT48単独公演(さいたまスーパーアリーナ
今までにも良席・神席に座れたと感じたコンサートがありましたが、この日の席は過去最高の神席でした。センターステージの円周沿いから数えて2番目という場所でした。メインステージからはやや離れていましたが、センターステージはまさに目の前、そこに向かう花道も見渡せるところで、センターステージに立ったメンバーとはほぼ目線が合うという奇跡の席でした。しかも、このセンターステージが割とよく使われたので、本当に至福の時間でした。この公演のDVDとかが出たら映り込んでいる自信がありますww

入場前には「HKT48栄光のラビリンス」を運営しているアイアから提供されたハート型のサイリウムが入場者全員に配布。それを使っての演出あり、冒頭の体育祭や、往年のアイドル曲のカヴァー、指原ソロの「あヾ無情」にはマーティ・フリードマンの生ギター(これも目の前で見ました!)などなど、HKT48ならではの演出がてんこ盛り。開演前の「NO MORE ライブ泥棒」も最高(どこかで公開してくれないものでしょうか。あ、DVD特典にするのかな)。
極め付きはこの公演でオリジナル新曲が2曲も披露されたこと。矢吹奈子さん・田中美久さんのユニット曲「生意気リップス」、移籍する中西智代梨さん・谷真理佳さんへの壮行曲「今、きみを想う」。後者は全員が号泣しながら歌って貰い泣き。指原も見てるこちらが心配になるほど泣いてました。


・5/3 AKB48アルバム「次の足跡」大握手会・写真会(インテックス大阪
宮脇咲良さん、本村碧唯さん、渕上舞さんの自分的「推しベスト3」は事前に購入。他に当日券を2枚購入して、後藤泉さん、植木南央さんで使いました。
やっぱり写真は恥ずかしいものです。しかも握手するとすぐにポーズ決め、撮影、確認して退出、と続くので、普通の握手会よりも喋れませんでした。
どこのレーンも人がいっぱいで、時間の使い方も間違えてしまうなど、反省点も多々あります。それでも植木南央さんに、去年のクリスマス公演でのカードで南央ちゃんのが当たった、と報告して「おめでとう!」と言って貰えただけでも大収穫でした。


・5/5 HKT48シングル「桜、みんなで食べた」個別握手会(インテックス大阪
SKE48NMB48のシングルの個別握手会との合同開催、しかも同じ会場の別の館では「大島優子感謝祭」が行われるという、すごい規模でした。が、集客は3日より少なかったです。もともとかなりの強行スケジュールで、4日も個別握手会が同会場であり、6日は横浜での握手会もあるという状態。HKT48メンにとっては、2日に大阪城ホールでアリーナツアーもあったので、5日間イベント続きで大変だったことでしょう。さらに新チームKIVメンバーは8日の「シアターの女神」公演初日に向けてのレッスンも続いていて、KIVメンはみんなヘロヘロだったんじゃないでしょうか。それでも笑顔を絶やさないのですから、アイドル稼業も辛いでしょうね。

この日握手したのは、
2部:神志那結衣さん、後藤泉さん、冨吉明日香さん
昼の部:伊藤来笑さん
3部:下野由貴さん、宮脇咲良さん(2枚出し)
4部:田島芽瑠さん、本村碧唯さん、植木南央さん
5部:穴井千尋さん、今田美奈さん、渕上舞さん
の計12名。よく見れば、チームHが3人、チームKIVが9人で、私はKIV推しでしたね。
KIVメンにはだいたい、新公演に向けてのレッスンの話を振りました。

特殊パターンは、場内に流れていた歌(「覚えてください」)を歌いながら迎えてくれた田島芽瑠さん、歌う、というリアクションと、両手を出してきたので話かけることを忘れてしまいました。「SSA行ったよ」「わあ、ありがとう!」くらいしかまともな会話ができませんでした。事故ったけど、田島さんが本当に楽しそうでよかったです。

そして、宮脇咲良さん。宮脇さんは3部が始まる直前に「HKT48 Mail」でクイズを出してきました。Mailを取っているファンだけ、そのクイズの話ができるという趣向。これは上手い手法だと思いました。せっかくなのでその話題を出して、ここでも新公演話。
「新公演のレッスン頑張ってる?」「うん」「ユニット何やるか、楽しみにしてます」「ユニット何だと思います?」「うーん……○○(曲名)かな?」「あ、惜しい。あ、言っちゃった」(しまった、という表情)で剥がし。何の曲名を言ったかは、秘密です。まあ、8日には結果が出ますからね。そういえば、宮脇さんも両手握手を向こうからしてくれました。
宮脇さんはレーンの待機列もダントツで長かったです。HKTでは1人だけ別格でした。総選挙でも大躍進が期待できそうです。次に長いのが田島さん、朝長さん、指原支配人、といったところでしょうか。

握手以外での印象的な出来事を。本村さんに並んでいた時、隣のレーンの森保まどかさんがチラッと見えました。で、列が一瞬途切れたときに目が合ったので、小さく手を振ってみたら、なんと満面の笑顔で振り返してくれました。いやあ、今度はまどかにも行こう、と思いましたねww

HKTメンは全体的に、対応がいいメンバーが多いですね。


次の予定は、5/11の名古屋ガイシホールのHKT48アリーナツアー(夜公演)参戦です。
意外かも知れませんが、今年に入ってから、博多の劇場にはまだ2回しか行ってないのです! さすがに数を減らしました。次は、いつ行きましょうかね。