読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政宗九の視点Blog

ミステリなどの本について、またAKB48(というか主にHKT48)について書いていく予定です

HKT48最大の「陰の功労者」多田愛佳について(卒業発表を受けて)

HKT48が現在のように成長した最大の功績者は、誰もが疑うことなく、指原莉乃である。
だが、最大の「陰の功労者」は、間違いなく、多田愛佳だと思う。


らぶたんこと多田愛佳は、指原がスキャンダルきっかけで移籍した少しあとに、AKB48初の東京ドームコンサートの初日に行われた「再組閣」にて、HKT48への移籍を発表した。運営側からの打診を受けてのものだが、本人の意思で移籍したものだ。
移籍当初にHKT推しになった私は当時の現場の雰囲気を覚えている。指原の時にもあったのかも知れないが、でももう割と受け入れられていて、だがらぶたんへのHKTファンの拒否反応は大きかった。なんで来たのだ、と言わんばかりの空気があった。たまたまその年のらぶたん生誕祭に入ったが、生誕委員さんはほぼ関東から遠征してきた方々で、公演前の説明にて、「HKTのファンの皆さん、いろんな思いがあるかも知れませんが、せめて今日だけは、多田愛佳を主役にしてやってください」と訴えていて、私は感銘を受けた。


その空気を本人が感じ取ったのかどうかは定かではない。確かなのは、AKB時代とは明らかにキャラを替えてきた、ということだ。AKBではまだ年少組だったので、言いたい放題言うようなキャラ、あるいはツンデレキャラだったが、HKTでは当時で指原の次に年長者だったので、「姉さん」キャラになっていった。と同時に、自分は一歩下がって、他のメンバーを立てる姿が随所に感じられた。このあたりから、ファンの受け入れ態勢も出てきたように思う。極めつきは、クラス替えでのチームKIVキャプテン就任であった。AKB時代ではあり得なかったキャプテン職を見事にこなし、メンバーの信頼を、ひいてはファンの信頼を得た。
2016年の総選挙には多田愛佳は不出馬だった。卒業するのではないか、という予測が飛び交ったが、本人は「私に投票するかわりに、チームKIVメンバーに投票してほしい」という趣旨のことを言った。


今日、2017年1月17日の公演にて、多田愛佳は卒業発表をした。年齢的にもそろそろ卒業時だと思う。
彼女が育てたHKT48は、ここまで大きくなった。それを大いに誇りにしていい。AKB48から通して、ちょうど10年間のアイドル生活であった。お疲れ様でした、と言いたい。そして、HKT48に来てくれて、ありがとうございました、と。


ただひとつだけ残念なことが。卒業公演が4月10日で、私は絶対に行けそうにないということだ。

GIOGIOの奇妙な速報‐AKB48まとめたのヽ(゚⊥゚)ノ : 多田愛佳が卒業を発表… 卒業公演は4月10日

HKT48 4期生の無料モバメの絨毯爆撃に悲鳴を上げている皆様、今のうちに「モバメロス」に備えよ

HKT48の4期生が昨年の暮れからモバメをスタートしました。HKTメール会員には特典として、最初の一か月間無料でモバメが取れるキャンペーンがただいま発動中。しかも人数制限なしで、10人の4期生全員分が取れるだけあって、全員分のモバメを取っている方は多いことでしょう。もちろん、私も取ってます。

4期生スタートキャンペーン - HKT48 Mobile

 

初日から怒涛のモバメ攻撃で、次々とやってくるメール受信通知に悲鳴を上げているファンも多いですよね。私もそうです。

果たしてどのくらい送ってるのか、数えてみました。

調査期間はスタートの12/24から12/30までの最初の一週間。もっと調べるつもりでしたが、途中で疲れたのでやめましたww 最初から振り分け設定にしておけば良かった。なお、振り分けもせずに手作業で数えているので、多少誤差はあるかも知れません。カッコ内は一日あたりの平均です

(2016/12/24~12/30の配信モバメ数)
運上弘菜 25通(3.6通)
小田彩加 37通(5.3通)
堺萌香 38通(5.4通)
清水梨央 40通(5.7通)
武田智加 44通(6.3通)
地頭江音々 39通(5.6通)
月足天音 44通(6.3通)
豊永阿紀 81通(11.6通)
松本日向 30通(4.3通)
宮﨑想乃 40通(5.7通)

参考資料として、私が現在有料で取っている3人のモバメ数を。
冨吉明日香 29通(4.1通)
宮脇咲良 12通(1.7通)本村碧唯 40通(5.7通)


これは最初の一週間なので、多少落ち着いてる感はありますが、いやいや、今日も山のように届いてます。特に豊永阿紀ちゃんの配信数が飛び抜けてますね。現在発売中の握手券がどんどん完売している状態も頷けます(私も落選しちゃってかなり凹んでますよー)。

でも無料で取れるのは今のうち。無料期間が終わった時が彼女たちの本当の勝負かも知れません。そして私たちは、モバメが急に来なくなる「モバメロス」の大ダメージを受けるのです。今のうちに買い増しメンバーを考えておこうかなあ。

豊永ちゃんは確実に取りますけどねww

2016年の紅白歌合戦「AKB48グループ夢の選抜」で明らかになったHKT48の限界(と、伸びしろ)について

2016年大晦日の紅白歌合戦におけるAKB48(および、AKBグループ)は、紅白のための総選挙をやって、上位48名だけが出場する、という形式だった。さらにその中のベスト16が2曲目を歌えるという、紅白という大ステージ上で残酷ショーをまざまざと見せつける形だった。
このやり方そのものは批判されて仕方のないものだが、一方で実に興味深い結果をもたらした。

なお、最終順位はこちらを参照。

www.nhk.or.jp


毎年夏にやっている総選挙は、ヲタの資金力があるメンバーが強いシステムだが、今回の紅白ではスマホアプリで一票、データ放送で一票だったので、少数での組織票がやり難かった。そのため、一般的な知名度がそのまま結果に繋がったように思う。


さや姉の一位は、普段の握手会の断トツ人気からも順当だが、朝ドラ主題歌「365日の紙飛行機」センターで知名度を上げた感がある。これにはさすがの指原も届かなかったが、票数を見ればこの二人が飛びぬけていた。


トップ2以外で大健闘だったのが10位の市川美織。まさに「レモンの上にも3年」。変なキャラでも続けていれば結果になる。既にもうフレッシュレモンキャラは卒業しているが、そのつながりで、広島レモン大使にもなっている。
そして12位の大家志津香。「ミラクル9」や「ひるおび」お天気コーナーなど、実は外仕事が充実しているメンバーの一人で、一般的知名度が高い。「努力は必ず報われる」のたかみなイズムの体現者かも知れない。
そしてもう一人、個人的にも驚いたのが6位の吉田朱里。なんで? と疑問に思ったが、後で調べると、YouTubeでメイク動画を配信していて、女子中高生に大人気らしい。専用のチャンネルを持っていて、動画によっては数十万も再生されている。ヲタだけでない市場を動かしたのではないかと推測される。こういう層から支持を集めると強い。アカリン凄いね。


さて、HKT48メンバーはどうだろうか。2位の指原は別格扱いだとすると、5位の宮脇咲良は順当というか、上出来の順位ではなかったろうか。AKB全体でもセンター級のポジションに固定し、ドラマの主演を続けているのだから当然、という向きもあるかも知れないが、そこまでいっても一般的な知名度はまだまだではないか、と思っていた。本人も相当不安だったはずで、今回の結果を本当に喜んでいる様子がうかがえる。去年の総選挙でも叶わなかった目標「トップ5」に、実質上入ったのだから

逆に悔しい思いをしたのが兒玉遥トップ16どころか、29位という想定外の低さで、HKTで言っても矢吹奈子朝長美桜に負けている。相当悔しかったのか、その後に号泣している様子が見切れてしまい、まとめサイトで晒されてしまった(あそこまでやるのはさすがに可哀想だと思うのだけれど……)。でもこれが、真の知名度なんだと思う。これをきっかけに新たな目標、モチベーションに繋げて欲しいところだ。

HKTメンバーは、なこみくが年齢制限で出られないという不運があったものの、11名が48位以内に当選した。が、全体的には低い順位といえる。中美久、森保まどか本村碧唯松岡菜摘が揃って下に固まってしまったことが象徴的で、これに兒玉遥の件も加えて、博多の限界を見せつけられた感じがする。

とはいうものの、希望というか伸びしろも見えた。なによりも矢吹奈子の17位には驚かされた。あと20票多ければ、16位以内に入っていたのだ。これも知名度なんだろう。指原ヲタ出身を公言していた奈子は、指原の番組にもよく呼ばれていたし、意外と広く知られているのかもしれない。

もう一人、松岡はな。去年の総選挙でも圏外だったのに、35位に入った。「最高かよ」センターの効果がもちろん高いだろうが、それにしても想像以上に高かった。彼女の魅力に気付いた人が多いのならば、こんなに嬉しいことはない。2017年のHKT48の方向性を決めるメンバーの一人になることだろう。


ちなみに私が投票したのは、本村碧唯スマホアプリ投票)と、豊永阿紀(データ放送投票)だった。あおいちゃん入って良かった。あきちゃんは正直無理だとは分かっていたが、今後の活躍に期待しての応援票である。2年後くらいに、彼女がHKTの前列にいるだろうことを期待したい。

 

最高かよ

最高かよ

 

お久しぶりです&2016年のヲタ活動まとめ

どうも、政宗です。お久しぶりです。

あまりにも久しぶり過ぎて、はてなブログの編集ページが変わってて驚いております。

このサイトは主にHKT48のヲタ活動や、彼女たちについて思うことをつらつら書いているブログでしたが、2015年の3月から放置しておりましたね、すみません。前回書いた田島芽瑠さんについてはまだ思うところもありますが、あの当時のような苦境は脱しているのではないか、というのが個人的な考えです。デビュー当時のようなポジションにまでは戻っていませんが、彼女もHKT48全体での自分の立ち位置を見つけてきているのではないでしょうか。

さて、来年2017年からまたこのブログは続けたいと思っております。まだ博多ヲタは続けておりますし、現場参戦もやってます。2016年のヲタ活動をまとめておきます。

HKT48劇場参戦】
3月11日18:30 東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト
6月6日18:30 チームKIV「最終ベルが鳴る」公演 本村碧唯生誕祭
11月2日 18:30 ひまわり組ただいま恋愛中」公演 ハロウィン公演
11月26日 12:00 5周年記念・懐かしの思い出公演「パジャマドライブ」公演
12月26日 18:30 ひまわり組ただいま恋愛中」公演 モバイル会員限定公演

NGT48劇場参戦】
10月4日 18:30 HKT48チームH出張公演「シアターの女神」公演

HKT48コンサート参戦】
・春のライブツアー ~サシコ・ド・ソレイユ~
 2月6日(土)13:00 日本ガイシホール(昼公演)
 2月23日(火) 18:30 代々木体育館
 3月20日(日) 12:00、17:00 神戸ワールド記念ホール(昼・夜)
 3月30日(水) 18:30 マリンメッセ福岡

・夏のホールツアー ~HKT48AKB48グループを離脱?国民投票コンサート~
 7月22日(金) 13:00、18:00 山口・周南市文化会館(昼・夜)
 7月28日(木) 18:30 鳥取とりぎん文化会館(フレッシュメンバーコンサート)
 7月31日(日) 12:00 広島・広島文化学園HBGホール

以上です。昔に比べると随分減りました。特に劇場参戦が減りました。仕事の関係もあって休みが合わせにくいこと、公演そのものが移転によって減ったこと、そして、当たり難くなってきたようにも思います。
今年のチケットの写真を撮ってみました。

f:id:mmmichy:20161230163006j:plain

NGT48劇場はチケットレスのため、チケットがありません。

今年は劇場の移転という大きな出来事もあって、前よりはアクセスがよくなりましたが、一方で専用ではなくなった分、ロビーマナーなどでファンの民度が問われる時が来ているようにも思いました。マナーがいい人が多くて素晴らしいと思います。特に常連が多い公演ほど、ロビーマナーがいいように感じました。

公演は生誕祭や特別公演ばかり入ってますね。今年上半期の98中権を持っていましたが、本村碧唯生誕祭に使いました。シングル選抜から落ちて再起を図っていた時期で総選挙期間中だったので士気が上がりましたね。おかげで今年は36位とジャンプアップできてよかったです。

今年は4期生の加入も大きな出来事で、まだ回数見てませんが、断トツで豊永阿紀さんを絶賛推し増し中です。パジャドラ公演が良かったです。

また来年も、博多箱推しを続けていこうと思います(STU48は気になりますが……)。来年もよろしくお願いします>メンバー、関係者の皆様

 

HKT48の第二の物語は、田島芽瑠の物語である

かつて私は、HKT48のストーリーを一人に集約させるなら、それは兒玉遥の物語だ、という趣旨の考察を(facebookで)書いたことがある。兒玉遥はHKTのエースでありセンターとしてデビューしながら、 CDデビュー時には研究生・田島芽瑠にセンターの座を奪われ、さらに朝長美桜にもポジションで抜かれ、長らく苦悩の日々を過ごして来た。明らかに兒玉遥にあてたメッセージソング「そこで何を考えるか?」も作られた。彼女は苦悩しながらも腐らずAKB の兼任を経験した結果、ついにセンターに復帰できるようになった。新曲「12秒」では兒玉遥宮脇咲良のダブルセンターである。今年の総選挙ではHKTヲタ的には「宮脇が神7入りするか」と「兒玉が選抜入り(16位以内)するか」が焦点になるだろう。


そして、実は今、かつての兒玉遥のような苦悩を抱えているメンバーがいる。田島芽瑠だ。
先にも書いたとおり、デビューでは研究生でありながらセンターを取った。秋元康に「十年に一人の逸材」と言わしめた。しかし今、センターからポジションは下がった。同期の朝長に人気・総選挙の順位とも負けている、いまや HKTの新世代は3期生の「なこみく」だ。
今日のAKB48の人事異動でも、後輩の矢吹奈子ですらチームB兼任になったのに、芽瑠にはお呼びがかからなかった。まだAKBでは必要とされていないの だ。Google+で芽瑠は素直な心情を吐露している。

plus.google.com

そう、田島芽瑠は、かつて自分が先輩を追い込んだように、今度は自らが後輩に追い込まれているのだ。「HaKaTa百貨店3号館」を見ていても、とにかくグイグイ喋っていて、少しでも爪跡を残そうと必死な様子が窺える。


この苦しい時期をどう乗り越えていけるのか。HKT48の第二の物語は、田島芽瑠の物語である。その結果が出るのは、総選挙だ。

2015年1月~3月のヲタ活動まとめ

なんと3ヶ月ぶりの更新です。この3ヶ月の間もいろいろありましたが、私のヲタ活動をここでまとめておきます。

1月12日(月) AKB48個別握手会(パシフィコ横浜

握手会はこの1回だけ。AKB48「希望的リフレイン」の握手会でしたが、スケジュールの関係でこの日の参加はHKT48全メンバー+松井玲奈だけ、という変則構成。でも今の握手会スタイルになってから、隣のレーンのメンバーなどは余裕で見られるようになりました。初めて間近で見た松井玲奈さんはきれいでした。
当日は5部メン以外は抽選でサイン会も当たるという形式でしたが、なんと全て外れ。脱力しました。しかもこの日は本当に人が多くて、予定通りに消化できず、何人か干してしまいました。最後に宮脇咲良さんを捨てて(サイン会なしメンだったので)、サイン会の可能性がある穴井千尋さんに並びましたが、最後まで外れましたorz

 

2月5日(木) HKT48劇場 チームKIV「シアターの女神」公演

なんとなんと、この3ヶ月で劇場参戦はこの一度のみでした。当たり難くなったことと、別の予定のある休みも多かったためです。朝長美桜さんも久しぶりに劇場で見ました。

 

3月14日(土) HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~ 大阪公演(夜公演)

コンサート参戦もこの一度のみ。フェスティバルホールで3階席という天空席でしたが、楽しみました。指原莉乃さんが体調不良で途中ステージから降りるというハプニングもありましたが、他のメンバーが機転を利かせてカバーし合ったという話も。またひとつ成長したのではないでしょうか。

 

4月以降も現時点で確定している参戦はありません。7月の個別握手会くらいでしょうか。もっと頻繁に参戦したいところです。

2014年のヲタ活動まとめ

久しぶりの更新で申し訳ありません。年末ということで、2014年の活動を簡単に振り返ってみたいと思います。

コンサート・イベント
1/11 HKT48 九州ツアー 大分公演・昼の部(iichikoグランシアタ
2/8 HKT48九州ツアー 長崎公演・夜の部(長崎ブリックホール
4/5 AKBグループ春コン・HKT48さいたまスーパーアリーナ
5/11 HKT48アリーナツアー 名古屋公演・夜の部(日本ガイシホール
7/13 HKT48アリーナツアー 福岡公演(海の中道海浜公園
8/20 AKB48グループ東京ドームコンサート最終日
9/17 AKB48グループじゃんけん大会(日本武道館

現場参戦は以上の7回でした。ほかに2/24の「大組閣祭り」と3/21のHKT48九州ツアー千秋楽を映画館のライブビューイングで観覧しました。
ベスト公演はSSAの春コンでしょうか。センターステージのすぐそばの席だったという運にも恵まれましたが、ちょりまりHKTラストがあったので、笑いあり涙ありの素晴らしいセットリストでした。

5/3 「次の足跡」大写真会(インテックス大阪
5/5 「桜、みんなで食べた」個別握手会(インテックス大阪
10/25 「控え目 I love you!」個別握手会(北九州・西日本総合展示場

握手会はこの3回だけ。全国握手会も参戦はゼロです。例の握手会事件以降、スケジュールそのものも大きく変わりましたが、仕事の兼ね合いもあって潰した日もあります。

劇場公演は全てHKT48劇場です。
3/8 チームH・博多レジェンド公演(ソフトバンクモバイル当選枠)
5/15 チームKIV・シアターの女神公演(熊沢世莉奈生誕祭)
5/29 チームKIV・シアターの女神公演(朝長美桜生誕祭)
7/7 チームH・青春ガールズ公演
8/12 AKB48チーム8出張公演・PARTYが始まるよ公演
9/11 チームKIV・シアターの女神公演
11/5 チームKIV・シアターの女神公演
12/4 チームKIV・シアターの女神公演

全部で10回の参戦に終わりました。去年よりは確実に減りましたねw
単純に行く機会が減ったというのもありますが、当たりにくくなったのは間違いないですね。「最終ベルが鳴る」公演にはまだ行けていません。
ベスト公演は席運も良かった朝長生誕祭かなあと。

個人的な話ですが、年末に転勤があり、同じ広島県内ですが呉に引っ越しました。博多はちょっとだけ近くなりましたね。だからといって当たるかどうかは別問題ですが。
2015年の予定としては、現時点では1/12の横浜握手会のみ決まっています。
では、良いお年を。